遠藤征四郎師範 情報サイト

page 2 of 2

夏期研修会での担当を終えて ~福盛一隆~

私が提案しました”片足で稽古する”というアイデアは4年ほど前の遠藤先生の”ただそこにいるために合氣道をしているのではないですか?”という一言から始まりました。”ただ、そこにいる”という意味。それはどんな状況であろうとも”自分がいつもの自分であること”ではないか。まとめると平常心+自然体でしょうか。
Continue reading

合氣道佐久道場夏季講習会の試みに当たって

今回初めての試みで、それぞれ二時間の稽古の内、半分を若い人達にやっていただきました。この若い人達は私の弟子達です。今まで何年も私の後を追いかけておりますが、彼らが何をどのように感じ、表現してゆこうとしているのか分かりません。少なくとも、ただ私の真似をするだけでなく、真似をしながらも、自分で何かを感じて、自分の稽古の方向を見つけ、発展させていると思っています。

Continue reading

Newer posts

Copyright © 2017   遠藤征四郎師範 情報サイト

お問い合わせ